明智 光秀 の 子孫。 明智光秀の子孫を家系図から解説

明智光秀の家臣団を一覧紹介!山崎の戦いで敗北した最強明智軍の敗因

後に信通は、正室に先立たれたようで継室を迎えますが、継室にも織田信良の三女・天量院 信長の曾孫 を迎えています。 明智光秀が歴史の表舞台に姿を見せて以降の記録については比較的良質なものが残され、明智光秀の血脈を現在まで辿る事が可能です。 ですが、信長は信澄を遇しました。 『』(ドラマ/1994年)• 前妻との間の子供は、西園寺家などの公家に嫁ぎ、後妻との間の子供は熊本藩家老の家柄となりました。 明智氏が続ける。 妻木氏と細川氏が関係していて、明智家と深い繋がりを持った寺院であることがわかります。

>

明智光秀の妻や子供・両親は誰?子孫のその後も!謀反の本当の理由は?

)子供がいたとしても、おそらくともに亡くなっているでしょう。 明智の二子は同所で死んだといふが、長子は十三歳で、ヨーロッバの王侯とも見ゆる如き優美な人であった。 妻木広忠 美濃国土岐郡「妻木城主」で、光秀の叔父の1人と言われる。 惟任一類。 光秀はかつては藤孝の家臣であったが、信長のもとで出世していくのが反感を買ったのでしょうか。 次に、妻木煕子 つまきひろこ と、結婚し、正室としたというのが有名な記録ですね。 少ない手勢での戦いは戦国最強軍団をもってしても、勝利を得ることはできなかったのです。

>

明智光秀の家系図。光秀の子孫は現代に続いているの?

彼女は辛くも一命をとりとめたのち、尼になったそうです。 彼はの子孫でもありますが、細川家の歴代当主の中には養子として当主になった人物もおり、血縁上ではつながっていないため、正確にはの女系の子孫に当たります。 「《明智光秀の家系図》 家系図の引用などはご遠慮くださいませ」 「帰蝶」は「小見の方」が産んだ娘ですので、「明智光秀」と「帰蝶」は「いとこ同士」という関係になります。 織田家の中で随一の武功を誇り、出世を重ねていった結果、実質的にナンバー2の位置にまで上り詰めた 明智光秀。 ・「明智系図」 三女・・・ 津田(織田)信澄(つだのぶずみ)の妻。 ですが、明智憲三郎氏によると京都山城 やましろ に匿われ、神官の子として育てられたそうです。

>

明智光秀の子供(息子)は?子孫は現在も生きている?!

妻は 熙子 ひろこ と言われていますが、この名前は 三浦綾子の小説『細川ガラシャ夫人』で広く知られるようになったもので、それ以前はお牧の方や伏屋姫で知られていました。 この時、父・細川幽斎が隠居しました。 細川珠生氏自身が望んで「ガラシャ」とつけたそうで、ガラシャと光秀の子孫である誇りを感じます。 以後、逆賊・明智姓ではなく明田 あけた 姓を名乗ったそうですが、明治の世になり明智姓に復したそうです。 今回は明智光秀の家系図と共に、先祖などのルーツや父や母、子供や子孫についてを中心にまとめます。 光秀が亡くなったのが6月13日) 光秀は前半生もはっきりしておらず、生年さえ定かではありません。

>

明智光秀の子供は?家系図と子孫について

大坂玉造にある細川屋敷にいた細川ガラシャは、人質になることを拒否します。 関連記事: 関連記事: 明智光秀のおすすめ本 ここでは、明智光秀のおすすめ本をご紹介して参ります。 しかし、秀吉から帰陣するように言われ、光秀軍が壊滅したことを知り、進軍を諦めました。 この日は 丹羽長秀らが大阪から四国征伐に出陣する予定だったと言われています。 1600(慶長5)年、石田三成方の上杉氏を討伐するため、徳川家康は、会津に向かいます。 『』(ドラマ/2011年)• 近年はいわゆる四国説が主流となりつつあります。

>

明智光秀の娘 細川ガラシャの子孫が有名人だらけで凄すぎる!

信長の子孫はちゃんと生き残っています。 【明智光秀の子孫ではないかと言われている人物】• 存在が確認できているのは嫡男とされている明智光慶のみ(光秀とともに連歌会に参加した記録がある)なのです。 「細川の名前の彫りがたくさんある」とのことで、確かに何か関係ありそうな感じはします。 家康は光秀敗北を知った後も、秀吉討ちのために西へ軍を進めています。 のちに秀吉の御伽衆・大村由己によって書かれた『惟任退治記』には、光秀の妻子の最期はこのように記されています。 。 この妻、明智光秀の正室は、後の歴史小説などで「煕子」と言う名前が用いられた事から、明智光秀の妻は「明智煕子」あるいは「妻木煕子」と言う俗称で呼ばれています。

>