知覚 力 を 磨く。 知覚力を磨く~認知バイアスを理解する|岩田あきひと|note

【お薦め本の紹介】経営者には超超超お薦め!「知覚力を磨く 絵画を観察するように世界を見る技法」

有線LANでの接続が可能なお客様は、有線LANでの接続をお勧めしております。 また各方面の専門家たちと交流しながら彼らの知覚を尊重し、それらを積極的に取り入れ、なかなか得られない希少性の高い知覚は、書物で補っていたそう。 なぜなら 彼のノートには、• ビジネスの質を高めるため、また、視野を広げるためにも役立つ良書だといえます。 思考のための脳の活動は、じっくり考え直したり、思考法を学んだりすることで、本人がある程度コントロールすることができます。 ニューヨーク・メトロポリタン美術館でキュレーターアシスタントを務めたのち、ハーバード大学ポストドクトラルフェロー、ボストン大学講師を経て、ボストン美術館研究員になったという人物です。 ビジネス上の問題解決やイノベーション、さらには日常のちょっとした意思決定や人生の決断といったものの成否も、知覚力の影響を受けています。 ダ・ヴィンチの残した膨大な数の手稿(ノートブック)をみると、その理由がわかるという。

>

ダ・ヴィンチの好奇心ノートに学ぶ「知覚力」の重要性と磨き方:書評

その趣向を分析すると、「ダ・ヴィンチが知覚を重視していた可能性については疑う余地がないといっても過言ではない」と著者。 つまり彼は、脳に間接的に働きかけるよりもむしろ、見る・観る方法を変えることによって知覚を磨いたというわけです。 これら3連鎖のハードルを飛び越えていくとなると、まだまだ課題は山積みと言えるでしょう。 眼の前の情報を受容しながら解釈を施し(〈 1 〉知覚)、それに対して問題解決や意思決定をしたうえで(〈 2 〉思考)、実際のコミュニケーションやパフォーマンスに落とし込んでいく(〈 3 〉実行)。 しかしダ・ヴィンチは、基本的な読み書きと算術以外には、当時の学校教育を受けていませんでした。 「The Salon」はその言葉の由来通り、かつて宮廷や貴族の邸宅を舞台にした社交界であり、文化人、学者、作家らを招き、知的な会話を楽しむ場であったように、ビジネスパーソンが「知性を磨く場」として、第一線で活躍する「知の巨人」たちをスピーカーに迎え、「しなやかな知性」を刺激するイベントを開催していきます。

>

美大式メソッドの「アート思考」で知覚力を磨く ビジョンを生む人材を育成する企業研修を提供開始|株式会社OFFICE HALOのプレスリリース

本の内容を一部ご紹介します。 いま、必要なのは「しなやかな知性」。 担当する新規プロジェクト開発で、すぐ実践していきたいです。 よく知られているようにダ・ヴィンチは、多くの分野を横断しつつ、多彩な知識を集めています。 確かに視覚は説得しやすいし、分かりやすいし、視覚だけで十分かもしれない。

>

【1枚でわかる】『知覚力を磨く』神田 房枝

たとえば、独創的な解釈(知覚)、コンセプト化やイマジネーション(思考)、さらには、社会性が求められる説得や交渉(実行)といったものは、いずれもAIが苦手としている領域です。 観察とは「観て察する」と書きます。 知覚とは、眼の前の情報を受け入れ、独自の解釈を加えるプロセスーー。 オカルトやスピリチュアルな意味ではなく、「眼では見えないものを脳で見る」ということ。 先行きが見通せない時代には、思考は本来の力を発揮できなくなります。 しかしながら、それらをどう活用すればよいのか、やや混乱を招いているようにも思われます。 「なぜある星は、ほかの星よりもキラキラしているのだろうか?」 「なぜ眠っているときに見る夢のほうが、起きて見る空想よりも鮮明なのだろうか?」 (74ページより) こうした純粋な疑問こそが、ダ・ヴィンチの知覚の源泉なのでしょう。

>

『知覚力を磨く 絵画を観察するように世界を見る技法』(神田房枝)の感想(15レビュー)

ただ受動的に観るのではなく、好奇心に導かれて視覚的刺激を集中的、能動的に受容しながら、脳を最大限に活性化させるーー。 (72ページより) 「よく観ること」への異常なこだわり しかし、ダ・ヴィンチが最も重視したのは4つ目の方策。 そんなこともあり、近年のイノベーション需要の高まりのなかで、「なぜダ・ヴィンチは独学だけで、今日にまで影響力を持つ創造を成し遂げられたのか?」に注目が集まっているというのです。 神田 房枝 かんだ・ふさえ [法人教育コンサルタント/美術史学者] 埼玉県さいたま市出身。 情報は、知覚を通じた解釈によって活かされます。 私たちの知覚は、 感覚情報と既存知識との統合・解釈のなかで生まれるが、 そこで起こるエラーが認知バイアスである。

>

知覚力を磨く①|岩田あきひと|note

思考力発揮の大前提の能力を「知覚力」で あると喝破している。 ただ受動的に観るのではなく、好奇心に導かれて視覚的刺激を集中的、能動的に受容しながら、脳を最大限に活性化させるーー。 今回のイベントでは、新刊 『知覚力を磨く』 で 「絵画観察トレーニング」 を本邦初公開した著者・ 神田房枝さん にご登壇いただき、参加する皆さんにトレーニングを実践・体験していただきます。 よって、解釈が含まれるため、多様性に富みます。 ダ・ヴィンチは、「観察」モードに切り替えた人間の目に底知れない潜在力があることを、はっきりと自覚していました。 つまりダ・ヴィンチは、それを理解していたということです。

>

donnel.ly:Customer Reviews: 知覚力を磨く 絵画を観察するように世界を見る技法

これは人間の胸部CT画像です。 そうした実績を軸として本書で訴えかけているのは、 「知覚(perception)の重要性。 この手稿は、26歳から67歳ごろまでの間にダ・ヴィンチが記したもの。 あるスイスの大手時計メーカーの代表は、当時をこう振り返ります。 この手稿は、26歳から67歳ごろまでの間にダ・ヴィンチが記したもの。 知覚力が高まった結果、仕事や日常生活のあらゆる知的生産プロセスが加速するのも、同時に実感していただけるはずです。 彼自身も「コンスタントに観察して、書き留めて、考えることは役立つ」と語っていたそうで、実際、外出するときは常にベルトから紙をぶら下げ、いつでも世界を克明に観察しようと備えていたといいます。

>