Windows10 20h2 不具合。 正式名所が20H2なの?ウイルスバスターの対応は?その他は?中小情シスがoctber 2020 updateの配布について調べてみた。

【Windows10】 WindowsUpdate 2020年12月度 不具合情報

このように独善的な書き込みがあまりにも多いから、私はあなたをブラックリストに登録してるのね。 20H2 2004 濁点や半濁点が付いている一部の半角カタカナと全角カタカナの文字は、同じ文字として解釈されません。 セーフガードを受けないようにするには、Windows 10、Windows 10 バージョン 20H2 に更新する前に、組み込みユーザー数をすべて既定の名前に戻す必要があります。 どのように選別しているのかは知りませんが、アップデートの案内が早く来るパソコンと遅く来るパソコンはあります。 既知の不具合 不具合概要 回避策 ふりがなの自動入力が正常に動作しない場合があります。

>

Windows10 Update Ver.20H2 インストール不具合

を参考にしてください。 対象は過去の大型アップデートで大きなトラブルが発生したことが無いVmware 仮想環境)のWindows10-ver1909。 【12月2日更新】:1件の問題で一部解決• 問題はMicrosoft Edgeに関係しているようで、累積アップデートを適用したあと、Microsoft Edgeを一度起動すれば問題が解決するという情報もあります。 この問題が発生するのは、2020年9月16日以降にリリースされた最新の累積的更新プログラム(LCU)をインストール済みの「Windows 10 バージョン 1809」以降に対し、2020年10月13日以降にリリースされたLCUが統合されていないメディア、またはインストールソースを利用して後継バージョンへのアップグレードを行った環境。 また、今現在、PCの使用に不都合がないのなら、評価が落ち着くまで保留にしましょう。

>

【Windows10】 WindowsUpdate 2020年12月度 不具合情報

20H2にしたら不具合が発生しどうにもならなくなってしまったときや誤って20H2にしてしまったときの対処方法 色々やる前に素直に以前のビルドに戻しましょう。 2020年10月21日に公開されたWindows10 20H2 October 2020 Updateは、公開当初からMicrosoftによりいくつかの既知の不具合がアナウンスされています。 2020-12-08が最終サポートになっています。 例えば、漢字で氏名を入力した際にふりがなも自動入力されるようなアプリケーションを使用すると、正しくないふりがなが表示される場合があります。 また、最新の更新プログラムが統合されていない物理メディアやISOイメージからアップデートした場合にも発生する可能性があります。 KB4586781では、10月の更新プログラムで報告されていたBSOD ブルースクリーン が発生し、システムがクラッシュするという不具合はほとんど報告されていないそうですが、かわりにインストールが正常に完了しないという問題が広範囲に発生しているとのことです。

>

Windows10 20H2 / 2004に文字が潰れる不具合 [Update 1: 不具合内容が変わる]

例えば、漢字で氏名を入力した際にふりがなも自動入力されるようなアプリケーションを使用すると、正しくないふりがなが表示される場合があります。 主に、Windows Server Update Services WSUS 、Microsoft Endpoint Configuration Managerなどからアップデートした場合に発生します。 自分のパソコンにアップデートの案内が来るのが遅いということは普通にあると思います。 入力オプションが制限されているフォームなどで入力できない• 2020年9月16日 現地時間 以降の更新プログラムを適用したWindows10 バージョン1809以降の環境から、2020年10月13日 現地時間 以降の更新プログラムが統合されていないメディアやインストールソースを使用して後継バージョン 20H2、2004、1909、1903 へアップデートした際、 システム証明書とユーザー証明書が消失します。 結局1時間37分かかりました。

>

20H2でIMEの変換候補がスクロールバーに被る不具合。2004から継続中。回避策あり

Windows ServerでKerberos認証に発生する問題【12月8日更新】 2020年11月の月例更新を適用した「Windows Server」でKerberos認証に問題が発生する。 一時的なユーザープロファイルの問題 KB4586781をインストールできた場合に、これまでもたびたび発生していた一時的なユーザープロファイルのバグが発生するとの報告も行われています。 主に、Windows Server Update Services WSUS 、Microsoft Endpoint Configuration Managerなどからアップデートした場合に発生します。 11nまでしか搭載していないので下り実測40—58Mbpsくらい。 ただし、手動でのアップデートは行なえてしまうため、Media Creation Tool等を使わないように呼びかけている。 2009か2010じゃないの?と言いたいところだが、 既存のOSとの混同を避けるために20H2になったとか…… 一瞬ピンとこなかったけど、 Windows XP Embedded POSReady 2009 ってのがあったね。

>

Windows 10 Version 20H2で発見された最新のバグに注意

サンダーボルト NVMe SSDを利用する環境での不具合 症状 Thunderbolt社の NVMe SSD を使用している環境にて、Windows 10 バージョン 2004、20H2 にて問題が発生しました。 ネットには色々と評価が出ていますので、自分の使い方の中で支障になりそうな現象なら今はやめておくことです。 9月から発見されていた不具合のようですが、Windows 10の製品ビルドでも修正されておらず、不具合が発生している模様です。 メモリ使用量は起動直後で1. 詳細は以下の記事参照。 問題が発生した場合、エラーコード「0x8007000d」や「0x80070308」が発生する模様です。 当分の間は、以前のバージョンのIMEを使用した方が良さそうです。

>