スウェーデン の コロナ。 それでもロックダウンなし コロナ再拡大でも方針貫くスウェーデン 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

スウェーデンが、高齢者の新型コロナ治療を後回しに

スウェーデンの首都ストックホルムでは、人々がアイスクリームを買うために並んでいた(2020年4月19日)。 感染流行の初期に防護服を装備していなかった救急救命 室のスタッフは感染者からのウィルスを暴露していたはずであるが、 抗体検査を受けてもほとんど抗体ができていなかった。 そうしたことも、全国一斉休校措置がとられなかったことの判断の背景にある。 こうした専門家の考え方が尊重される土壌がスウェーデンにはあることを指摘しておきたい。 スウェーデン政府関係者が、国内高齢者の一部を新型コロナウイルス対策で手厚い治療をする優先順位から外しました。 低信頼社会ならば、そこでは強制と自主性との、また別なバランスが必要なのかもしれない」 こういわれると、なかには「日本は高信頼社会ではないか」とスウェーデンとの共通性を「発見」する人もいるかもしれない。

>

スウェーデンの新型コロナウイルスの死亡者数は、なぜ他の北欧諸国に比べて10倍近く多いのか?

もうコロナに悩まされることもない 世界の他の 国は時間をかけすぎている。 イタリアではミラノがあるロンバルディア州で同月22日より深夜外出の原則禁止令が出された。 それでは、現時点でスウェーデン政府およびテグネルはどのように考えているのだろうか。 国民の自主的な判断や行動に任せるという点では、日本と類似した手法が選択されているともいえる。 その代わり、同国の公衆衛生庁はソーシャルディスタンス(社会的距離)、手洗い、テレワークなどを推奨している。 1992年に「エーデル改革」といわれる医療と介護の機能分担の連携体制について改革が行われた後、高齢者の在宅介護政策が進められ、介護施設の管轄は県から市町村に移った。

>

なぜスウェーデンは、コロナ感染者数が突出して少なくなったのか?

以下は、スウェーデンにおけるCOVID-19の1日当たりの死者のグラフです。 スウェーデン政府は感染が拡大した3月以降、50人以上の集まりを禁止したほか、70歳以上の高齢者に一時自宅待機を要請。 さて、すでに触れたが、スウェーデンによるコロナ対策において、大きな失敗だったとされる高齢者の死者数拡大は、どのようにして起こったのだろうか。 なぜ感染率が下がっているの だろうか。 なお、医療分野においては、スウェーデンの病院は私立が少なく公立が多い。 普段から、自主性を尊重されている国民なので、このような非常事態でもその自主性を尊重されているのです。

>

スウェーデン 新型コロナウイルスの第2波の状況予測は誤りと発表

最近は新規感染者も減少、横ばいの状況であり、8月中旬の現時点では第1波は収束してきているとみることができる。 英経済誌ジ・エコノミスト10月10日号は「スウェーデン式コロナ対策のリアルな教訓」「いかにしてスウェーデンはコロナの第2波を阻止しようとしているか」の2本を掲載して、穏健に見える同国のコロナ対策の現実を伝えている。 今回はその前編である。 10月21日までの10日間の新型コロナ感染者数と死者数(人口10万人当たり、ヨーロッパ疾病予防管理センターのデータより)をみると、以下の通りスウェーデンの少なさが際立っている。 国民の移動の自由、専門家の意見の尊重、地方分権といった法律上の規定、共稼ぎ社会といった社会構造、政府に対する国民の信頼度の高さ、自主性を尊重する国民性などである。 抗体がなくてもウィルスに対するT細胞の免 疫ができる。 それに反発する者も極めて少ないのです。

>

新型コロナ「第二波がこない」スウェーデン、現地日本人医師の証言

欧州の多くの国でロックダウン(封鎖)を行ったにもかかわらず、スウェーデンがロックダウンをしなかったことに対し、海外から発信されるコメントの多くは批判的なものでした。 また、人口の24%が移民もしくは両親が移民でありながら、それは移民政策の問題で栄光あるスウェーデン医療の問題ではないといえば言えないこともないかもしれない。 このことから、ロックダウンしなかったことが死者が増えた原因とは言えないということがわかってきたのです。 人口1023万人のスウェーデンでは4月20日現在、新型コロナウイルスの感染者数が1万4000人を超え、1580人が死亡している。 統計処理ではっきりした数字が出る頃には、上位20カ国の中にすら入らないようになる可能性もあります」と述べました。 集中治療中: 3,302人• 同国政府の首相および国家免疫学者は「方針の変更はない」と強弁しているが、事実上の規制強化と準ロックダウン化は明白だ。

>

スウェーデンのコロナ戦略は失敗か 死者数は急速に減少

また、このウイルスには「長期的な将来性」があることから、何ヶ月間、何年間でも有効な戦略を立てる必要があると指摘している。 「スウェーデンは高信頼社会であり、そこでは国民はルールに従う。 そんなわけで、今週はそんな海外でバカンスを楽しんできた人々�. また、言うまでもなく極端から極端に振れたような国はコロナ対策がうまくいっていない。 2020年3月25日:スウェーデン公衆衛生局が14:00に公表したデータを更新。 だが、死者の内訳をみてみると、死者の9割が70歳以上の高齢者で、その約半分が介護施設に入居しており、その中でクラスターが発生したという背景があったのでした。 4月中旬にピークを迎えたのを境に、ゼロに向かって一直線に減っているのが分かります。 驚くべきことだが、これは今も議論になっていて、マスクの評価は他国に比べて低いままである。

>

スウェーデンのコロナ戦略は失敗か 死者数は急速に減少

ちなみに、新型コロナウィルスが新たなに検知される可能性も「高い」から「非常に高い」になりました。 それを踏まえてみても、今はしっかりと抗体をつくって免疫力をキープすることが大切ですね。 免 疫は抗体で はなくT細胞 抗体検査を行う理由は、検査費用が安いからであるが、実際には、 ウィルスの感染に対する主たる防御手段となるものは、体内の抗体で はなく、T細胞である。 ところが医療崩壊などではなく、前年は暖冬により死者が少なかったというデータ。 「第三波」による被害を最小限に食い止めるためには、「第一波」がヨーロッパに波及した折も、ロックダウンを採用せず、国民に「集団免疫」を獲得させるような施策を取ったスウェーデンを見習うべきだ。 他にも「スウェーデンはいわゆる『集団免疫戦略』を採用している」とか、「経済を最優先した結果ロックダウンをせず死者が増えた」、といった報道が多い。

>

コロナに勝利したスウェーデン。さっさと元の生活へ戻れた知恵

「それではマスクはどうなのか。 スウェーデンの首都ストックホルムでは路上でマスクのセールも(写真:AP/アフロ) 欧州で新型コロナウイルスが出現して以来、スウェーデンは独自の社会実験で世界から注目されてきた。 同国の自由は経済を犠牲にはしなかったが、それでも引退した高齢者に多くの死者を出している。 平時においても患者の治療にあたる医師が「その患者の予後」を考えた上で、必要な治療を決めることに対する国民的コンセンサスの存在もある。 。 しかし、これらはスウェーデンのコロナ対策の実態や背景を理解しているものとは言い難い。 免疫の仕組み さて、ここで「免疫の仕組み」について解説してみる。

>