鳥栖 コロナ 情報。 鳥栖の竹原社長が声明を発表 コロナで10億円の赤字 債務超過に 自身の進退にも言及(東スポWeb)

【鳥栖コロナ】サガン鳥栖でクラスター発生! 一気に9人感染! 今日19時から広島と対戦予定・・・情報がtwitterで拡散される

皆様には、ご心配やご迷惑をおかけし、心より深くお詫び申し上げます。 スタジアム周辺の無料駐車場が利用可能。 そして自身の進退についても「現在、サガン鳥栖の未来を守るために、私の辞任を含めて検討しております。 但し、LEDビジョン周辺とLEDビジョン下通路と壁面、場内カメラが設置してある部分、広告物が掲出してある部分(広告掲出可能枠含む)、座席、階段、通路を隠すような掲出方法、非常灯を隠す掲出は禁止。 今回は新型コロナウイルスの特例措置で、債務超過になってもJ1ライセンスを失うことはないが、「こうした状況を招いた経営責任を私自身、深刻に受け止めております。 ・原則、試合開始1時間前程度までに掲載は終了とさせていただきます。

>

鳥栖市公式ホームページ|新型コロナウイルス感染症の情報について

この度、ユニフォームスポンサーへご協賛頂いた企業様と、来季に向けても強い繋がりを継続して結べるよう対応して参ります。 Jリーグのクラブライセンス上では、新型コロナウイルス感染症の影響で債務超過となっても、来季J1で戦うライセンスは発行される事にはなります。 よろしくお願いいたします。 サガン・ドリームスにとっても、J1昇格以来、初めて負債総額が資産総額を上回る状態となります。 まずは今季の残り試合のユニホームスポンサーが木村情報技術株式会社、株式会社関家具、双日株式会社、双日商業開発株式会社となることを報告した上で「新型コロナウイルス感染症の影響もあって経営的にも非常に厳しい状況のサガン鳥栖を今シーズン残りの試合で少しでも助けたいという思いでご協賛いただけました事、厚く御礼申し上げます」と感謝した。

>

鳥栖の竹原社長が声明を発表 コロナで10億円の赤字 債務超過に 自身の進退にも言及(東スポWeb)

[4] 5時間前 96件• 佐賀県佐賀市の本社を構える木村社長が、スポンサー契約を締結した背景について、次のように説明した。 [9] 14時間前 931件• 現在、サガン鳥栖の未来を護るために、私の辞任を含めて検討しております。 関連するお知らせ• 29も同様)• ・送付者の氏名は一切出しません。 2020-12-09 アウェイ OR サガン鳥栖 OR サポーター OR ユニフォーム OR 試合• 次に現状の経営状況を改めてお話いたします。 もうひとつは、今後の経営体制に関するお知らせです。

>

鳥栖の竹原社長が声明を発表 コロナで10億円の赤字 債務超過に 自身の進退にも言及

県から一度クラブがなくなってしまうと、また見出して作り上げることはできません。 今回、融資によって、当面の資金繰りは何とかつないでおりますが、来期ユニフォームスポンサーが獲得できない、無観客試合など開催が続き興行収入が見込めない場合は、資金難に陥り存続の危機を迎えてしまうことになります。 今回、融資によって、当面の資金繰りは何とかつないでおりますが、来季、ユニフォームスポンサーが獲得できない、無観客試合など開催が続き興行収入が見込めない場合は、資金難に陥り存続の危機を迎えてしまうことになります」と危機感をにじませた。 佐賀で経営を続けていく中で、佐賀の皆様に多くのご支援をいただき、その恩返しとして地元佐賀でなにか貢献できることはないかと考えました。 また、このような状況下でもサガン鳥栖へ最後まで温かいご声援、ご支援いただいている皆様に改めて感謝申し上げます。 J1昇格以来、初めて負債総額が資産総額を上回る状態となります」という。

>

【鳥栖】起死回生へ「木村情報技術社」を胸スポンサーに獲得!

先だってサポーターミーティングでもご説明いたしましたが、今季は約10億の赤字を計上する見通しです。 それがサガン鳥栖の生き延びる道だからです」と言及。 横断幕・楽器などの事前搬入 キックオフ3時間15分前「10:45」に事前搬入説明を係員より行います。 続けて厳しいクラブの経営状況を説明。 コロナ禍において、スポーツイベントを主とするクラブの存続は極めて難しい環境にあります。

>

鳥栖市雑談掲示板|爆サイ.com九州版

また、サガン鳥栖選手のご活躍や佐賀県の皆様に元気と勇気をお届けできればうれしい限りでございます。 Jリーグのライセンス上、2023年度の決算において債務超過を解消するために、売上増、コストダウンを積み重ねていく必要があります。 県外の医療機関を受診• 鳥栖は10日に金明輝(キムミョンヒ)監督(39)がPCR検査で陽性と判定された。 試合当日、携帯電話等で撮影した「現地の画像と様子」をクラブ宛てに送付してください! 佐賀県出身の木村社長「県からクラブがなくなるギリギリのところ。 鳥栖市は、新型コロナウイルス感染症による緊急経済対策をはじめとした支援事業や健康に関することなど、市民の皆さまからのさまざまなご質問にお答えするため「新型コロナウイルスに関する総合案内」を設置しています。 このまま今季を無事に終わる事ができれば、今年度の決算はコロナ禍の影響で興行収入 チケット・グッズ等 が8億円減、広告収入では2億円減となり、約10億円の赤字の見通しで、約10億円の債務超過として決算を報告する事になります。 それはきっと未来の地域の財産となると信じております。

>