エーデル クローン。 エーデルクローン(Edelkrone)がSliderONEにiOSモーションコントロールユニットを追加

【斎賀教授のアフターファイブ】わずか20cmが新鮮な映像を作る カメラバッグに入る電動スライダー エーデルクローンSliderONE PRO

How To• ただし、PROバージョンには三脚取り付けホイールが付いており、スライダーを回さなくても三脚に取り付けることができる。 自然なモーション 耐荷重に余裕があるためのトルク調整部分にも余裕がありました。 スマホからだと購入しにくい 夜な夜なチェックして毎回届け先住所の設定の所まで行って、踏みとどまっていた。 今回は二つのモデルの中で上位版にあたる耐荷重21. 以前、edelkrone エーデルクローン の「」という製品をご紹介したことがある。 もちろんこれは完璧というわけではないし、従来にも、もっと優れたものがあるが、エーデルクローンのこの製品は、これらのことが簡単に実現できるという点で大いに評価したい。 筆者はテストしていないが、精密な動作をさせるには振動にも気を付ける必要があるだろう。 5kgになってしまいます。

>

Edelkrone FlexTILT HEAD 2の詳細情報|機材屋.jp

そのため、スライダー1セットに対し、三脚を2本など機材準備に時間が数倍に膨らみます。 アイドル時間、加速、距離、減速を含め、あらかじめ決めた動きと同じ動きを、アニメーション撮影に反映できる。 Wing PROではそのようなたわみの発生などは感じられませんでした。 当たり前ですかね。 早く知らせが来ることを楽しみに待ってみようと思う。 また、動きの強弱の調整もこのツマミを締めるか緩めるかで調整ができる仕組み。 それは、移動速度等を数値でコントロールできること。

>

エーデルクローンWing PROの最速レビュー[edelkrone wing pro]

この斬新で革新的な機能性で、この大きさでこの価格で電動だなんて信じられない! と、興奮していました。 今回、梅雨時だったこともあり室内でのミニチュア撮影に没頭したわけですが、意外とカメラを選ぶな、という印象。 これを使ってひもを巻き取らせ、そのトルクを使って動かすのだ。 まったく同じカメラワークを何度も繰り返すことが可能なため、リハもリテイクも条件が揃い、微調整や修正が非常に効率的でした。 WINGのメリットは、40cmドリーをカメラバッグに突っ込んでいつでも持ち歩けることにある。 しかし、このような精密な動作を必要とする撮影には欠かせない機材となる。 だがゆっくりしたスピードで動かすと、やはり動きにムラが出る。

>

ドリーで差を付けろ、edelkrone WING3

54kgのもっとも小さいWING3というモデルで、250ドル。 新製品ニュース• これは最近Libecが手ごろな製品をして、人気を集めている。 エーデルクローン・ポケットスタンド OPEN PRICE コンパクトで堅牢なポケットサイズのカメラスタンドです。 即ち、長時間を要するタイムラプスの動きをあらかじめプログラムすることができるのだ。 Wing PROはSteadyMOVEが使えない このスライダーの問題点は、新機能のステディームーブ機能です。 大丈夫かなと少し心配になるが、注文が遅くなればなるだけ、手に入る時期も遅くなる。 35ミリレンズでは、付属(3セット)のレンズギアをレンズに装着することで対応します(ヘリコイド周約30cmまで)。

>

Edelkrone WING コンパクトスライダーの詳細情報|機材屋.jp

しかしながら、このedelkrone(エーデルクローン)のカメラスライダー WINGは、異なります。 映像の質感に拘りながらも他の制作会社様よりも リーズナブルで納得度のあるクオリティーを発揮致します。 最高速度でB(またはA)に移動。 現在はiOSだけだが、Android版もまもなく発売される予定。 また、カメラの向きを少し上や下に向けるのは勿論、真下を向かせてスライドする等でも活躍します。 4kgまでだ。

>

エーデルクローンWing PROの最速レビュー[edelkrone wing pro]

・別売アクセサリ を使用いたしますと、下記画像のような映像が撮影可能になります。 スタートボタンタップ後、ヘッドが動き出すまでの待機秒数を設定可能。 既にウイング15を持っている方は不要かもしれません。 モバイル三脚では重さに耐えられない!! 折りたたんだ状態で載せる分には全く問題がないが、横に移動していき可動域がマックスに近づいていくと、 外側に重心が動いてしまい、ボールヘッド使用のモバイル三脚では重さに耐えることができないのである。 レールを必要としない、コンパクトに持ち運びが可能なスライダー。 理由はカメラの重量に対してスライダーと三脚が重心移動に耐えられないからです。

>

Edelkrone(エーデルクローン)がSliderPLUS V5とSlide Module V3を発表

はじめにカメラの重さに応じてテンションを調整します。 もちろん通常の速度域においてもムラのないスライダーの動きは移動撮影のクオリティをワンランク向上させるでしょう。 傾斜を上下させるようなスライダーショット時に同じトルクでスライド出来る機能です。 レンズのAF駆動の滑らかさも含め、使いこなしには研究の余地がありそうです。 山岳地や渓谷等など徒歩でしか運搬できない場所での使用を考えれば魅力的な機材だと感じました。 旧ウイング15と比較して買いか ハイウエイトのカメラでスライダーショットを使いたいという場合は買いです。 付属の雲台を使用すれば角度の微調整等が可能です。

>

Edelkrone WING コンパクトスライダーの詳細情報|機材屋.jp

ユニットにはボタンやディスプレイは無く、全くの黒い箱だ。 2つのカメラマウントにより、バッテリーや小型ライト等アクセサリーを組み込むことができます。 その印象が大きくて即購入したいと思ったのだ。 ご了承ください。 FOCUSONE PROの装着はもちろん、2本の業界標準15mmロッドにより、各社のフォローフォーカスやマットボックスを組み込みことができます。 代引上限金額は80万円です。

>