グリス フィヨルド。 スカイスキャナーによるグリースフィヨルド行き格安航空券

北極男・荻田泰永さん「世界初 グリスフィヨルド〜シオラパルク 1000km単独徒歩行成功」

6%はイヌイット人で、イヌイット語(イヌクティトゥット語)はメインの公用言語になっています。 ここより来たにあるアラートやユーリカはいずれも観測所や軍事基地などによるものなので、実質的にカナダ、及び北アメリカで最も来たにある民間人のコミュニティーはグリスフィヨルドになります。 も参照 脚注 [ ] []. 初めての海外旅行で初めて北極を訪れ、それ以前にはアウトドア経験もなかった。 1988年エルズミーア島国立公園保護区として設立され、1999年にヌナブト準州の成立に合わせて現在の名前に改名し、2000年に国立公園になりました。 都市の形状は不規則で、街路も複数の曲線を緩やかに組み合わせた網の目を形成しています。

>

グリスフィヨルドとは

今後の荻田さんの活動など、詳しくはこちらへ。 詳しい情報はをチェックしてください。 まったくの無人地帯を3月31日から5月16日までの、46日間をかけて無事に歩き通しました。 オーユイタック国立公園はヌナブトに一番行きやすく、旅行者に一番人気のある国立公園です。 その後、にはが世界最北のを設置した(運営はに傘下のノースウェステルに移管)。

>

グリスフィヨルドとは

いろんな部屋にあるテレビでは、ライブ放送のチャンネルが4つ、ステーションには4,500個のビデオやDVDが流れているテレビが4つあります。 そして雨は7月から9月の間しか降りません。 ペアリーカリブーの数もかなり少ないです。 冬になると、日が短く、気温もかなり寒いです。 準州都のイカルイトには日が一番短い日に、太陽が昇るから沈むまではわずか4時間しかないです。 地名はイギリス海軍んの軍艦レゾリュート( HMS Resolute)にちなむものです。

>

選ばれし凍える者

ヌナブト北極カレッジ グリスフィヨルドコミュニティーラーニングセンター - 現在休校中• 海面の高さからスタートして道を沿って420m登りますと、頂きの素晴らしい景色が見えます。 イカルイトの都市としての歴史は新しく、最初の常住者は1942年にアメリカ軍の航空基地がおかれた際にガイドを務めたイヌイット、ナカスクでした。 海豚の歌を聞こえ、カリブーの姿を見え、異世界のような環境で眠ることが体験できます。 今でも祖先のように狩りと釣りで生活しているイヌイットがここに住んでいます。 地元のガイドについていけば、日帰りの様々な冒険ができます。

>

グリスフィヨルド天気3日間

(ノルウェー) - ノルウェー最大。 この場所を最初に開拓したのはイギリス人です。 郵便局 - COOP内に併設• になると、それまでクレーグハーバー(グリスフィヨルドより約55km西方)に置かれていた RCMP の駐在所が移転してきた。 1993年連邦政府とイヌイットの間に締結されたヌナブト協定に基づき、1999年4月1日にイヌイットの自治準州としてノースの一部を分割して設立されました。 (チリ南部・パタゴニア地方)• 北極にとても近く、軌道が地平線の下に隠れてしまうため、通信衛星に接続できないと云うとんでもない土地です。 なお、市街地は海岸線に沿って東西に細長く広がっている。 サーミリック国立公園(Sirmilik National Park) サーミリック国立公園の大部分は水と接しています。

>

フィヨルド

1992年には関連法案が連邦議会で成立し、1999年正式にヌナブト準州が成立しました。 カナダ北部にある北極諸島の大部分を含めています。 北極地方はほぼ極地砂漠になっていて、雲のない晴れ日が続くのが普通です。 にある。 授業は主に英語で行われるがの授業やイヌイットの伝統文化に関する教育も行われている(Ummimakはの意)。 過去さまざまな冒険史に登場していますが、ここを一人の人間が自分の力だけで結んだ例はありませんでした。

>

選ばれし凍える者

そして1960年代初頭に現在地に学校や住宅が建設されると、住民も以前の居住地から移ってきて、今日のコミュニティーが形成された。 1610年代、ブリティッシュ冒険者のウィリアム・バフィン( William Baffin)とロバート・バイロット( Robert Bylot)が初めてサーミリックに来まして、そして1616年にランカスター・サウンド(Lancaster Sound)とバイロット島を命名しました。 人口の6割はイヌイットです。 スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をご提供いたします。 (デンマーク、指定登録地)• ウックシクサリクが貴重な地になる理由はここに生きている沢山の野生動物にあります。 (チリ南部・パタゴニア地方)• 主な公共施設 [編集 ]• バードウオッチングはぜひ体験してほしいです。

>