ドコモ ケータイ 補償。 docomo ケータイ補償

AppleCare+とドコモのケータイ補償どっちが安心?コスト・補償内容を徹底比較

リチウムイオンバッテリーが劣化してしまうと、膨張による不具合の原因にもなりますので、バッテリーが補償の対象となっているのは嬉しいですね。 参考までに、僕の場合は、東京スカイツリーに遊びに行ったとき、上着のポケットに入れておいたらいつのまにか割れていた…というケースでした。 カード更新時、最高40,000ポイントまでボーナスポイントが獲得可能。 どの補償を選ぶかに関わらず、iPhone Xを利用する際にはiPhoneカバーを利用して、画面を割らないように予防する方が前向きですよね! dカード GOLDの基本情報 iPhoneの補償をコストを抑えて利用したい方には、dカード GOLDのケータイ補償がおすすめです。 また、iPhoneユーザーは補償の対象になるのかも紹介しています。

>

ケータイ補償サービス

当日交換機を受け取れる店頭交換を行う 一部の店舗では故障したスマホと同機種の在庫が店舗にある場合、その場での端末交換が可能です。 「壊れた時の負担を減らしたい」であれば継続加入 「壊れた時の負担は覚悟している」であれば廃止です。 50代• そのため機種代金が10万円以内であれば、 dカード GOLDのケータイ補償を利用するのが賢明でしょう。 まとめ:補償オプションは安心を買っている? この記事を読んだ方は、ドコモのケータイ補償サービスについて、ほぼ全てを理解できたと思います。 しかし、水濡れ・全損・改造した電話機は補償の対象外なので注意してください。 また、盗難、紛失の際は利用中断、警察に届出の上、お手続き願います(警察にお届けの際の受理番号、受付担当者、届出警察署名、日時などを確認させていただく場合があります)。 指定の店舗で再購入する• 最新iPhone 12を公式Webサイトから今すぐ予約・購入! ドコモのケータイ補償サービスの加入時に注意したいこと ケータイ補償サービスは端末の購入から14日以内に申し込みしなければならないため、端末を購入したらすぐに加入の有無を検討する必要があります。

>

ドコモのケータイ補償サービスは必要?月額料金・注意点・補償内容を比較した結論

dカードケータイ補償では、• 例えばiPhoneの交換なら、電話だと1. 補償を受けたい場合、以下の窓口に電話をすれば手続きができます。 今年から超早いエクスプレス配送と言う4時間以内にスマホが来るサービスがあります。 また、こちらのサービスを受けることができるドコモショップについても、順次拡大予定とのことです。 最高10万円までのドコモケータイ補償• 家電量販店で買う人も多いですね。 ただし、スマホの画面割れに関しては、一度も割ったことがない方・いつも割ってしまう方に分かれるのではないでしょうか。

>

ドコモのケータイ補償サービスって本当に必要なの?いますぐ見直した方が良い理由とは

この方法はパソコンを持っているか、持っていなければ他にスマホを持っている場合になります。 これだけでお得に機種変更が実施できます。 さすがに年に2回も壊すことは無いと思うのですが、安心ですよね。 故障時の修理代金の一部サポート 故障した端末をドコモで修理する場合、修理代金をサポートするサービスも提供されています。 しかし、ドコモのケータイ補償サービスに加入するには、 機種代金に応じた月額料金がかかります。

>

docomo ケータイ補償

いつ壊れる・紛失するかは誰にも分からないので、本来はより複雑です。 多少の使用傷などが入っているため安くなります。 (新端末で再登録するだけで良いのですが、念のため、私は削除しました。 ドコモのSIMロック解除について詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。 機種、故障箇所、修理部品の不足などにより故障修理できない場合がございます。

>

ドコモのケータイ補償サービスって何?利用料から解約(キャンセル)方法まで解説するよ

修理代金のサポート 購入後4年間端末が故障しドコモで修理する場合に、補償対象の故障の場合は無料、補償対象外の故障の場合は上限5,000円で修理代金をサポートしてもらえます。 修理と交換の違いは次の通り。 時とともに変わる可能性があるので最新の料金はで確認ください。 なので、スマホ料金を抑えたい!と思ってる方はmineoいいですよ。 例として、本体価格3万円のガラケーと、iPhone 11 64GB と、最も高いiPhone 11 Pro Max 512GB の3種類で、端末交換した時の状況をシミュレーション&比較してみましょう。 一方、ドコモのケータイ補償サービスは、 利用する際に「自己負担金」が発生します。 遺失届は全国の交番や警察署から無料で発行できます。

>